市原・山口動物病院 お問い合わせ先:0436-61-3230

症例紹介

当院での手術症例をご紹介します。

ナビゲーション リンクのスキップトップ > 病院のご案内 > 症例紹介 > 免疫介在性貧血

免疫介在性貧血

【2014年7月】

トリミングを利用してくれたハナちゃん。

トリミング時に背中、お腹に青あざのようになっていると報告があり、診察させていただきました。

その時の写真です。

このトリミング時の1週間前に、血液検査をしていました。

血液検査を再度実施すると、やや血液濃度が低下、血小板も低下していました。

マルチーズという犬種から、突発性の紫斑病、免疫介在性貧血を疑い、治療を開始。

免疫介在性貧血は、免疫系統が異常をきたし、自分の赤血球を攻撃し、破壊させてしまう病気です。

ステロイドにて治療を開始、免疫系統を正常化させるよう治療を3日実施しましたが貧血がすすみ、輸血を実施。紫斑も脇の下まで広がってきました。

また、トリミングを利用していただき、早期発見できたことも早期治療につながったかとおもいます。

トリミングはシャンプー、カットなどの処置のほかにも、皮膚の状態やしこりを発見するよい機会となります。ご利用ください。

ハナちゃんはまだお薬が必要な状態ですが、だんだんお薬を減らすことができています。

いずれはお薬が要らない状態に回復してくれると思います。

また、トリミングを利用していただき、早期発見できたことも早期治療につながったかとおもいます。

トリミングはシャンプー、カットなどの処置のほかにも、皮膚の状態やしこりを発見するよい機会となります。ご利用ください。

ハナちゃんはまだお薬が必要な状態ですが、だんだんお薬を減らすことができています。

いずれはお薬が要らない状態に回復してくれると思います。