市原・山口動物病院 お問い合わせ先:0436-61-3230
症例紹介
ナビゲーション リンクのスキップ

草の実

お正月、後ろ足を引きずりながら歩いているとの事で来院したワンちゃんがいました。

30kg近くある秋田犬です。

後ろ足をよく見てみると、太ももから出血していてかなり腫れています。

さらにキズはかなり深そう。

虫に刺されたか、ぶつけたか、木の枝のようなものが刺さったか…。

キズ口の周りの毛を刈って洗浄しましたが、原因となるようなものは見つかりませんでした。

この日は、抗生剤と抗炎症剤を注射してお帰りいただきました。

キズ口が見つかってから3日目、腫れが引いてきたためか歩き方も正常に戻ったとの事。

しかし傷の深さは変わらず、出血はジワジワ続いていたため、しばらく傷の処置で通ってもらうことに。

2週間目。キズの腫れはほとんどなくこの時には出血も止まっていましたが、なかなかキズの深さが変わらず排液自体は続いている状態でした。

キズ口の中に異物が入っていると、このようなことが起こることがあります。

そこで、思い切って手術を行うことになりました。

すると…傷の中からこんなものが。

大きさで言えば1cmにも満たない草の実でした。

こんな小さなものがずっと傷をグズグズさせていたわけです。

これはチカラシバというどこにでも生えている草です。

一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

お散歩の最中に刺さってしまったのでしょう。

左の写真は術後の様子です。

このワンちゃんは今、傷口はほとんど元に戻っており排液もありません。

今回は太ももに刺さっていましたが、耳に入ったり、指の間に挟まってしまったりと意外と厄介なやつです。

草むらのお散歩をするという方は、十分にお気を付け下さい。 

思い切って手術を行ってみると、中からこんなものが
思い切って手術を行ってみると、中からこんなものが
チカラシバ
チカラシバ
術後の様子
術後の様子