ペットの健康管理 ペットの健康管理

人も動物も予防に勝る治療法はありません。

動物と病気の特性を把握して、早期発見、早期治療を心がけましょう。

犬フィラリア症は月1回の飲み薬
犬フィラリアとは?

フィラリアは心臓に住みつく寄生虫です。

フィラリア症にかかっている犬の血を吸った蚊に刺されることにより感染していきます。

長いものでは体長28cmもあり、血液の循環を悪くし、心臓・肺・肝臓・腎臓など多くの臓器に異常をきたします。室内で飼われている犬でも散歩のときに蚊に刺されれば感染します。

千葉県における室外飼育犬の早死のトップはフィラリア症です。

毎日の様子、ひとつでも思い当たったらフィラリア症を要注意!

食欲がなくなる  散歩に行きたがらない

セキをする  呼吸があらい

運動後に失神して倒れる

お腹が大きい(腹水)

尿が赤っぽい(血色素尿)

血を吐く

フィラリアが寄生していないか?血液検査を受けましょう

数滴の血液を採り、子虫検査・免疫診断等により検査します。

予防法は?

残念ながら、ワクチンはありません。

愛犬を守るベストの対策は予防薬を与えることです。

月1回薬を飲ませるだけで、毎日どんなに蚊に刺されても100%予防できます。

予防(投薬)期間は?

予防薬は、蚊から感染したフィラリアの幼虫が心臓にたどりつくまでに殺してしまうものです。

蚊が出はじめて1ヶ月後から、蚊が完全にいなくなって1ヶ月後までの期間を、1ヶ月間隔で行う必要があります。

千葉県では5~12月頃までです。

ペットの健康管理 トピック
病院のご案内 サービス ペットとともに コラム スタッフ紹介・募集

Copyright © YAMAGUCHI Animal Hospital 2003-2013 All Rights Reserved.

市原・山口動物病院 〒299-0111 千葉県市原市姉崎2067 0436-61-3230

著作権・リンク・お問い合わせについて