市原・山口動物病院 症例

外科系
種名:ダックスフント 
年齢:9才 メス 
症例:炎症性結直腸ポリープ

検査

今回の症例は、9歳7か月齢の避妊メスのダックスフントです。
他院において血便を主訴に来院、直腸検査で直腸壁に凹凸が触知できるとのことで、精密検査および治療のために当院へと紹介されました。
当院初診時の血液検査では、肝酵素の上昇はあるもののその他の異常は認められませんでした。
内視鏡検査(図1)では肛門から約10cmほどの粘膜に腫瘤が認められました。
病理組織検査では、腫瘤部は炎症性ポリープ、その他の結腸粘膜は軽度から中等度のリンパ球形質細胞性腸炎と診断されました。
「炎症性結直腸ポリープは、近年ミニチュア・ダックスフンドに好発する結直腸疾患であり、結腸及び直腸に単発性または多発性の大小のポリープが形成され、臨床症状として血便や「しぶり」が現れる(日獣会誌 67、193~198(2014))」とされています。
炎症性結直腸ポリープは一般的に悪性病変ではなく、内科治療が奏功するケースもあるものの、便通によってポリープから出血するため、手術を実施することになりました。

治療

手術方法は、直腸プルスルー(引き抜き)

コメント